鳥取県のボランティア活動・地域づくり活動・NPO活動・協働を支援します
受付時間 10:00~18:00(土日祝除く)
公益財団法人 とっとり県民活動活性化センター

『お買い物チャリティー』プロジェクト一覧

okaimono_logo_fix_1l

つながるライフ~お買い物からはじまる社会貢献~

「お買い物チャリティー」は、企業が提供する商品・サービス等の売り上げに応じてその一部を県内のNPOに寄付する「寄付つき商品」を開発するプロジェクトです。

お買い物チャリティに参加している商品を購入することで、鳥取県内の社会課題に取り組むNPO等の活動を応援することができ、県内の企業がどのような社会課題に関心を持ち、解決のために取り組んでいるかを知った上で商品を購入することで、お買い物をよりより社会づくりに活かすことができます。

お買い物を通して、ぜひ身近な社会課題を知っていただき、社会貢献の第一歩としていただきたいと思います。

鳥取県内での新しい取り組みに、ぜひご注目ください。

 

thumbnail of 寄付つき商品概要チラシ_ver06

寄付付き商品概要pdf1015KB

 

 

プロジェクト一覧

 

VOL.1 オリジナルマットの契約で鳥取県内の子どもの貧困問題に取り組む団体への寄付ができる

株式会社クリアメイト × 特定非営利活動法人山陰福祉の会

 

%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7

チラシPDF

 

寄付の仕組み

クリアメイト社オリジナルマットの契約1件につき1,000円が、NPO法人山陰福祉の会が取り組む「子どもの貧困を解決するプロジェクト」(米子市内)に寄付される。

 

プロジェクトの内容

クリアメイトは、山陰両県で約3000軒のお客様のもとに環境衛生用品をレンタルしている会社です。メインとなる商品は、建物の入り口に設置されている玄関マットで、様々なマットの種類を取り扱う中、この度、店舗専用のオリジナルマットを「お買い物チャリティー」の寄付付き商品とすることにしました。

定期的なサイクルでレンタルに伺うお客様の中には、子ども達が集う施設も多数あり、建物の奥からは、子どもの声が聞こえてくることがあります。同じ場所に定期的に訪問することで、その時々の変化に気づくこともあり、楽しいそうな声に嬉しさを感じ。一方でそんな声が聞こえない時には心配に思うこともあります。

もしかしたら、この地域で『何か子どもに関する問題を抱えているのではないのか?』 今回、NPO法人山陰福祉の会を通じて「子どもの貧困を解決するプロジェクト」に寄付することで、経済的に困難な環境にいる子ども達の問題解決に繋がればと思います。

私たちが日々考える「きれいな環境づくりのパイオニア」としての取り組みが、「お買い物チャリティー」に参加することで、子どもが安心して過ごせる環境づくりに少しでも貢献できればと考えます。

 

 

%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%88%e8%aa%bf%e5%8d%b0%e5%bc%8f%e5%86%99%e7%9c%9f

 

詳細はこちら⇒【開催報告】「お買い物チャリティー」第1号覚書調印式

 

 


 

VOL.2 子どもの育ちを応援する新素材

株式会社ウッドプラスチックテクノロジー×NPO法人こども未来ネットワーク

thumbnail of %e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%90%e3%83%b3%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7%e6%96%b0  thumbnail of wpp%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7  

お買い物チャリティ用チラシ①   お買い物チャリティ用チラシ②

 

%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%90%e3%83%b3%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7%e7%94%bb%e5%83%8f  thumbnail of w%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%89%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7%e3%82%b9%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%b3  

商品の詳細はこちら

 

寄付の仕組み

農業用敷板ディバンの売上1枚につき100円、Wボードの鳥取県内でのレンタル1枚につき10円がこども未来ネットワークに寄付されます。

 

プロジェクトの内容

この工事用樹脂製敷板「Wボード」と農業用の養生敷板「ディバン」は、リサイクルプラスチックを原料に使用しており、CO2の排出量削減に貢献する環境に優しい素材として注目されています。「Wボード」は建築現場で、「ディバン」は主に農業の現場での活用が見込まれています。

この商品の売上やレンタル数に応じて、一部が鳥取県内のNPO法人こども未来ネットワークに寄付されることになりました。こども未来ネットワークは2000年の鳥取県西部地震をきっかけに設立された団体で、県内のこどもたちが感性を育て生きる意欲を育み、健やかに生きていける環境づくりをみんなで考えよう、そして実践しようと呼びかける団体です。寄付は子どもたち、特に長期入院中のこどもたちやこの度の鳥取県中部地震で被害を受けたこどもたちなど、支援を必要とするこどもたちを芸術の力で笑顔にするための取り組みなどに活用されます。

CO2の排出量が少ないこの新素材を活用すると、環境負荷が減り、未来の子どもたちのため、持続可能な環境づくりに貢献することができます。加えて、その売上げやレンタル料の一部はこどもたちが生きる意欲を育んでいくための環境づくりを行うNPO法人に寄付され、自然環境と心の環境2つの面でこどもたちの育ちを応援することができます。

 

dscf0562

 

詳細はこちら\子どもの育ちを応援する新素材!/ お買い物チャリティー第2号調印式を行いました(2016年11月4日)!

【寄付金贈呈式を行いました!】⇒寄付金贈呈式を行いました!(2017年4月19日

上に戻る