鳥取県のボランティア活動・地域づくり活動・NPO活動・協働を支援します
受付時間 10:00~18:00(土日祝除く)
公益財団法人 とっとり県民活動活性化センター
  • ホーム >
  • 最新情報 >
  • 【募集中】令和4年度とっとりSDGs推進補助金(若者団体活動支援型)

【募集中】令和4年度とっとりSDGs推進補助金(若者団体活動支援型)

趣  旨

 県内のSⅮGsの理念に沿った地域づくりに取り組もうとする活動を支援することを目的として、県内に居住する若者で構成される団体を対象に、とっとりSDGs推進補助金「若者団体活動支援型」の交付を希望する団体を募集します。

 

■SDGsとは?

 2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の誰一人として取り残さないことを誓っています。

 

募集する事業

 上記「趣旨」に基づくSDGsの推進につながる取組の提案を募集します。採択後は、とっとりSDGsプラットフォーム、とっとりSDGsパートナー制度に登録している支援団体(以下「支援団体」という。)及び公益財団法人とっとり県民活動活性化センター(以下「センター」という。)と連携しながら、事業を行っていただきます。

ただし、趣旨に関連するものであっても、学校の正規の教育課程として行われる活動については対象外となります。

 

補助金の概要

補助上限額

補助率

補助予定件数

対象期間

10万円

10/10

5件程度

補助金交付決定日から令和5年2月28日(火)まで

 

(1)補助対象団体

 鳥取県内に居住する、申請書を提出する年度の末日までに16歳から29歳までの年齢となる者が全構成員のうちの3分の2以上を占める3名以上の非営利で公益を目的とした団体(法人格の有無を問わない。)

 

*申請者が未成年(申請日時点)の場合、申請者の法定代理人の代表者(保護者等)は、補助金の申請、交付決定がされた場合に事業を実施することについてあらかじめ同意し、申請の際には同意書の提出が必要となります。また申請者が未成年の場合、補助金の支払いについては法定代理人に支払うことを基本とします。なお、団体の代表者が教員や保護者など成人(18歳以上)の場合は同意書の提出は必要ありません。

 

※次の団体は対象外とします。

・県が交付する補助金等を当該事業に充当している団体

・政治・選挙・宗教・特定の思想の普及に関わる団体

・暴力団又は暴力団員等の統制下にある団体

・団体として実体のないもの

 

補助対象経費等、詳細につきましては下記をご覧ください ↓↓

交付要綱 令和4年度₋とっとりSDGs補助金 (PDF)

募集要項 令和4年度₋とっとりSDGs補助金 (PDF)

募集チラシ 令和4年度₋とっとりSDGs推進補助金 (PDF)

 

 応募方法

募集期間内に、申請書、事業計画書、収支予算書(規則様式第1号、様式第1~2号)等を「応募先」まで提出してください。(持参・郵送による募集期間必着)

様式第1号_申請書 (word)

様式第2号 事業計画書 (word)

様式第3号 事業収支予算書 (word)

様式第5号₋変更承認申請書 (word)

 

【SDGsおよび「とっとりSDGsプラットフォーム」について】

https://sdgsnwt.jimdofree.com/

 

(1)募集期間 令和4年5月9日(月)から6月20日(月)まで

 

(2)事前相談 

補助事業の募集にあたり、事前に補助事業の概要の説明、募集テーマに関連する支援団体及びセンターとの相談の場を設けます。

期間:令和4年5月9日(月)から6月10日(金)まで

※支援団体及びセンターとの相談を希望する場合は、事前に下記「7 応募先」までお申し込みください。

 

審査方法

申請書を受理後、審査会を開催し、審査委員の審査により補助団体を決定します。

・実施方法  書類選考及びプレゼンテーションによる選考

・審査基準  「SDGsに取り組む意欲」、「モデル性」、「波及効果(経済性、環境性、社会性)」、「持続可能性」の観点に重点を置いて審査します。

 

応募先

公益財団法人とっとり県民活動活性化センター(担当:谷・寺坂)

住所:倉吉市山根557-1 パープルタウン2 階

電話:0858-24-6460 ファクシミリ:0858-24-6470

電子メール:info@tottori-katsu.net ホームページ:http://tottori-katsu.net

上に戻る